illustrator ROUX blog

イラストレーター ルウのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

たしひき

世の中、足し算引き算型の人や、かけ算わり算型や、
わけわからん関数型やら微分積分型やら
まあつまり複雑な計算式型があります。

順序立てて最初から指折り指折り考えるのが足し算引き算型、
途中端折って答えがでるのがかけ算わり算型、
ささいなキーワードから正解を答えられたらわけわからん複雑型、
てな具合。

天才はハナから複雑な方程式を使います。
ただ、答えはやっぱり複雑です。一般人は理解できません。
たまに平凡な人でも複雑な方程式が偶然使える時があります。
自分は天才だと勘違いして得意になって使ってても、やっぱり理解できません。
天才は、導き出された複雑な答えを、分かりやすく説明できるから天才なんです。
なんでもない凡人が真似したってうまくないのです。

人間、永く生きてりゃだんだん端折れるようになります。
また同じ事を繰り返す事でも早くなります。
ただ、端折ったが故に大間違いをする人もいます。

毎回足し算引き算してたら逆にまわりに迷惑なんで、
たまにやるといいです。

でもやっぱり最短で正解が導き出されるのはたいがい良いことなので、
できるように修行します。

つまり向上心て一言で済むわけだけど。

まあ、なんとなく「向上心」を足し算引き算してみたかっただけというか、
勘違い野郎にむかついた愚痴というか。
ま、しょせん了見の狭い私見にすぎない。
スポンサーサイト
  1. 2007/11/30(金) 01:06:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゆめ

ゲームを思いついた。
っつーか、夢で見た。

ジャンルは、ようわからん。パズルゲーム?
昔のちょっととんちの効いた面クリア式のゲーム。

お札みたいなシールがあって、貼るのと回収するのと2種類あって、
貼ったらなんかオバケみたいなのが出てきて、オバケに触れたらだめで、
でお札シールを全部回収したらクリア。

僕は、たぶんゲームの主人公?
体にシールを貼られて、身体をオバケが貫通してた。
腹から顔が出てて、もがいてやんの。
なんか、寒気がした。
  1. 2007/11/27(火) 22:40:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もうすぐHRCS

12/2は本年を締めくくる大イベント、ホットロッドカスタムショウが
パシフィコ横浜で開催される。毎年楽しみにしてて、もちろん今年も行きます。
毎回、行く度にいろんな人に出会えて、
人見知りな僕としては、多少発声練習でもしてかなきゃ緊張しちゃうけど、
それよりやっぱりメインはカスタムカー。
僕にはうんちく言える程のくるまの知識はない。
単純にクールなカスタムカーたちを眺めるのが好きだ。

もちろんくるまそれそのものもいいけど、特にエンジンまわりが好物。
あのキラキラでデコボコした見た目がなんとも言えん。
なんであんな複雑なカタチをしてんだろう。
もちろん意味があるわけだけど。
試行錯誤の末、いじりにいじった結果、必然、あんなカタチになったんだと思う。
この感じは、女子がダイヤモンドを見るとたいして違わないんじゃなかろうか。
うーん、エンジンだけ欲しい。
ヘミでもスモールブロックでもなんでも、それ土台にしたテーブルとかあったら
スゲーかっこいいと思うんだけど。

ベースは同じでも、百台あって同じくるまが一台も無いなんて、
まるでいっぺんにいろんなラーメンを眺めるよう。
しょうゆ、みそ、しお、とんこつ…。
いや、今日晩ご飯ラーメン食べようと思ってたんで…。

けど、ホットロッドカスタムラーメンは食えない。眺めるだけ。
んーー食いたい…。

よだれ垂らしながら見てこようと思います。
http://www.mooneyes.co.jp/hcs07/entry/
  1. 2007/11/23(金) 21:46:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いらすと




孔雀明王。
サイトでこれのTシャツ売ってます。
MAS!STORE
  1. 2007/11/17(土) 19:38:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぶんせき

血液型AB型。
そういうと、たいがい引かれる。
二重人格だ、気分屋だなんだと言われる。
血液型なんて関係ネー!てのもいる。
僕は、間違いなく多重人格だ。
二重、三重どころじゃない。
十重も二十重も様々な人格が居着いてると思う。
僕に対して世間の俗説は当てはまるようです。

若い時は結構悩んだ。
本当の自分はどいつだと悩んだ。
結局、どいつでもいいが、リーダーを選ぶ事にした。
そしてリーダーを教育し、人並みに育てて、
どいつが出しゃばっても、後ろでリーダーがコントロールする。
そんなことになった。
まずリーダーの手本を探そう。
そう思い立ち、それなら人物だ、これと思う人物を探そうと思った。
この点、日本は人物が多いから助かる。
外国に求めても良いがまずは日本だ。
幸い、我が地元には西郷さんという強力な人物がいる。
とてもせごどんの如くはなれないが、
その生き様を見習うことはできる。
で、どう教育するかというと、ただ小説を読んでるだけです。
ただそれだけだけど、明らかにものの見方考え方が変わってくる。

まあさすがに最近は落ち着いてきた。
うまくないがだいぶコントロール出来てると思う。
さすがにせごどんやら龍馬にはなれないが、
自分、という人間が、少しずつ見えてきた気がする。

まったく、世話がかかる性格してんな、と我ながら思う。

翔ぶが如く〈1〉 (文春文庫)翔ぶが如く〈1〉 (文春文庫)
(2002/02)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る


西郷隆盛 第一巻西郷隆盛 第一巻
(2007/11/07)
海音寺 潮五郎

商品詳細を見る


西郷隆盛「南洲翁遺訓」 (角川ソフィア文庫 349 ビギナーズ日本の思想)西郷隆盛「南洲翁遺訓」 (角川ソフィア文庫 349 ビギナーズ日本の思想)
(2007/04)
西郷 隆盛

商品詳細を見る

  1. 2007/11/17(土) 19:19:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

りようま

11月15日。
今日は坂本龍馬が暗殺された日。
しかも今年は没後140年とか。
偶然、今司馬遼太郎「竜馬がゆく」を再読してる。
僕は、高知に2年半ほど住んでたから、
そういう意味で身勝手な親近感が湧く。
さらに、鹿児島出身の僕は、
竜馬暗殺に薩摩藩が関与していた説とか聞くと、
なんか胸が痛む。
140年て遠い昔のようだけど、案外最近だなと思うようになった。
つい140年前まで、ちょんまげが2本差しでうろうろしてたんだよねー。
そんな封建制度真っ盛りに生まれ、秩序シカトで我が道をエンジョイなエリートヤンキー龍馬。
天でも味方したかのような彼も、最期はあっけなく殺される。
龍馬の思想・哲学は、全く今でも通用する。
いまだ人気があるのもうなずける。
「竜馬がゆく」の影響は多大だろうけど。
なんにしろ、かっこよけりゃそれでいいのだ。
龍馬は文句なくかっこいいのだ。
かっこよく生きるのって、難しい。
できるだけ、ほんのちょっとでも近づきたい。

竜馬がゆく〈1〉 (文春文庫)竜馬がゆく〈1〉 (文春文庫)
(1998/09)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る
  1. 2007/11/15(木) 23:52:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

ゆめゆめ

久しぶりに夢を見た。

とある畳敷きの大部屋がある。
力士が数人、素っ裸に白のふんどしで寝転がっている。
みんな、口になにかくわえている。なんか、千歳飴みたいな細長いの。
僕は、口になにもしてないが、皆に習って寝転がっている。
そこへ、格上らしい力士が登場する。こっちは黒ふんどしだ。
みなに、ビクッとしたような緊張感が走る。
黒ふんどしは、なにやら物色するかのようにくるりと部屋をひとまわりし、
見定めたというふうに、僕の後ろに転がっている白ふんどしのそのまた後ろで立ち止まった。
僕は、何故だか恐ろしいと感じてて、後ろを振り向く事が出来ない。
やがて、どっ、と衝撃とともに畳をバタバタする音と、いやだ、やめて、と抗う声が聞こえてきた。
どうやら黒ふんどしが白ふんどしの口から千歳飴をブン盗ろうとしているらしい。
しかも白ふんどしの背中にピタリと体を添わせ、千歳飴のひょろりと延びた先端に
首のみ前に回り込むように突きだして口でもって奪おうとしている。
そんなんなりながら、困った事にだんだんと僕の背後に近づいてきて、
ほどなく僕の背中にピタリとくっついた。
その瞬間、背後のおぞましい光景がありありと目前に映し出され、
見たくもない醜いやりとりがこれでもか、これでもかっ、と続いた。
感触も、わずかに感じ取れる。
なんか、まうしろで波がざっぱんざっぱんやってる感じ。
僕はどうしても動けないもんだから、必死に耐えてる訳だけど、
そんなの白と黒はおかまいなしで、夢中で争う訳です。
そうこうしてるウチに、決着がつく。
どっちが勝ったのか、よく分からない。
ただ、2人とも、口のまわりが血なのか飴なのか
たぶん設定上は、飴でできた肉片のようなものでぐちゃぐちゃだ。
だがそんなのはどうでもいい。とにかく僕は解放された。
そして目覚めた。

夢で良かった、と思った。
  1. 2007/11/15(木) 16:24:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。