illustrator ROUX blog

イラストレーター ルウのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ゆめゆめ

久しぶりに夢を見た。

とある畳敷きの大部屋がある。
力士が数人、素っ裸に白のふんどしで寝転がっている。
みんな、口になにかくわえている。なんか、千歳飴みたいな細長いの。
僕は、口になにもしてないが、皆に習って寝転がっている。
そこへ、格上らしい力士が登場する。こっちは黒ふんどしだ。
みなに、ビクッとしたような緊張感が走る。
黒ふんどしは、なにやら物色するかのようにくるりと部屋をひとまわりし、
見定めたというふうに、僕の後ろに転がっている白ふんどしのそのまた後ろで立ち止まった。
僕は、何故だか恐ろしいと感じてて、後ろを振り向く事が出来ない。
やがて、どっ、と衝撃とともに畳をバタバタする音と、いやだ、やめて、と抗う声が聞こえてきた。
どうやら黒ふんどしが白ふんどしの口から千歳飴をブン盗ろうとしているらしい。
しかも白ふんどしの背中にピタリと体を添わせ、千歳飴のひょろりと延びた先端に
首のみ前に回り込むように突きだして口でもって奪おうとしている。
そんなんなりながら、困った事にだんだんと僕の背後に近づいてきて、
ほどなく僕の背中にピタリとくっついた。
その瞬間、背後のおぞましい光景がありありと目前に映し出され、
見たくもない醜いやりとりがこれでもか、これでもかっ、と続いた。
感触も、わずかに感じ取れる。
なんか、まうしろで波がざっぱんざっぱんやってる感じ。
僕はどうしても動けないもんだから、必死に耐えてる訳だけど、
そんなの白と黒はおかまいなしで、夢中で争う訳です。
そうこうしてるウチに、決着がつく。
どっちが勝ったのか、よく分からない。
ただ、2人とも、口のまわりが血なのか飴なのか
たぶん設定上は、飴でできた肉片のようなものでぐちゃぐちゃだ。
だがそんなのはどうでもいい。とにかく僕は解放された。
そして目覚めた。

夢で良かった、と思った。
スポンサーサイト
  1. 2007/11/15(木) 16:24:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<りようま | ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://takeroux.blog36.fc2.com/tb.php/1-8e2f2e83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。